2019年9月21日:「TEDxKobeバーチャルシアター」アプリをリリース

恵風×松本哲生
KEIFU x MATSUMOTO Tessei

高校時代に和太鼓に出会った恵風。国内はもとよりニューヨークやローマなど、海外でも活動の幅を広げてきた。楽曲制作はもちろん、和太鼓の自作、衣装のデザインから制作も自身で手掛ける。更には多ジャンルとのコラボレーション、ダンスやパフォーマンスとのユニット編成、映像を組み合わせたステージなど、多岐にわたる活動を展開している。平成生まれの太鼓打ちとして、和太鼓の新しい可能性を求め続けている。

It was in high school days that KEIFU met Japanese traditional drums (Wadaiko). He’s been performing in NYC and Rome, as well as Japan. He composes, he makes Wadaiko, he designed his stage costumes by himself. Furthermore, surprisingly, his activation ranges from the collaboration with different genre music, with dancers, to with visual effects. This new generation Wadaiko player is pursuing the further possibility of Wadaiko performance.

Projection mapping on Japanese traditional drum