TEDxKobe 2016のメインビジュアル公開

2016年6月1日

TEDxKobe 2016: Spring out in unity

TEDxKobe 2016のメインビジュアルを公開しました。

「今ある関係性を飛躍させる、さらなる可能性を見出そう」
TEDxKobe 2016のテーマには、そんな思いが込められています。今回のメインビジュアルは、ダンスユニット「Nous」にご協力いただきました。二人のダンスを見ると、今回のテーマ「Spring out in unity」をまるでそのまま体現してくれているようでした。

彼らは、ジャンルという特定の枠組みにとらわれず、お互いのイメージや、関係性を見つめ合いながら、その時々で絶えず変化を続ける、その唯一無二の世界観。TEDxのメインビジュアルに写真を使用する、さらにはダンスを採用するのも、おそらく前例のない事です。何度もイベントを開催してきた私たちTEDxKobeにとってチャレンジであり、TEDxらしさってなんだろう?TEDxコミュニティーで何ができるだろう?といった、これまでの関係性を新たに見つめ直す機会にもなりました。

当日、Nousさんのメインビジュアルがどのように盛り上げてくれるのか乞うご期待!是非ご参加下さい。

Webサイト:http://tedxkobe.com/event/event0013/
お問い合わせ:participant@tedxkobe.com

テーマ「Spring out in unity」

自分とつながっているどんな関係にも、さらなる可能性を見出そう。そして可能性の数だけ、つながりの価値を飛躍させよう。
TEDxKobe 2016は、そんな決意を込めて「Spring out in unity」というテーマを掲げました。当たり前になってしまった人との結びつき。些細で見落としそうな研究対象。ちょっと気になるけど無関心を装ってしまったニュース。
それらの人や物、出来事と、自分との間にある「つながり」は細く、より強くしようと考える機会さえ失われているかもしれません。しかし、そんなつながりの中にも、さらに深め、育て、高めることで見えてくる、次なるステップへのきっかけが眠っているに違いありません。
それを揺さぶり起こしたとき、つながりは弾け出すような気持ちとともに、強く、豊かになっていくはずです。自分とつながる全ての関係が、そこかしこで飛躍する未来を目指して。

Nous

Nous is a dance unit by YAMAMOTO Akira and Rion WATLEY, who are performing in and around Kyoto. Being inspired from what each sees from the other’s inner space, they surrender themselves into other. Their style is totally free from now-existing styles. Fostered on the street, their style is backgrounded by their firm and steady physical abilities, never stop stirring their beholders. These days they have been winning a number of prizes in dance competitions, however, they never get content with what they got, and try to improve their performances.

撮影の様子

2016060101

2016060102

2016060103

2016060104

2016060105