2022年5月24日:TEDxKobe 2022: 回遊は終了しました

秋田 大介
AKITA Daisuke

秋田 大介

神戸市役所職員として都市計画から官民連携まで幅広いキャリアを積む傍ら、数々の市民プロジェクトのサポートも行う秋田大介。 被災地支援、アートプロジェクト、NPOの立ち上げなどを通じて様々な社会課題に向き合う中で、”共感で繋がるコミュニティ”の重要性に気づく。そんな彼の経験には私たちがこれからの社会課題を乗り越えるためのヒントが眠っている。

秋田大介:『共感』による繋がりが課題解決の一歩になる