KATAYAMA Mari

片山 真理

1987年生、群馬県育ち。両足とも脛骨欠損という、主幹を成す太い骨がない病気を持って生まれ、9歳の時に両足を切断。以後、装飾を施した義足を使用し、セルフポートレートを制作。現在、作品制作の他に音楽、モデル、講演など多岐に渡り活動している。受賞に、群馬青年ビエンナーレ’05(群馬県立近代美術館、2005)奨励賞、アートアワードトーキョー丸の内2012(行幸地下ギャラリー、2012)グランプリ、3331アートフェアー2015(3331 Arts Chiyoda、2015)和多利浩一賞、吉本光宏賞。主な展覧会に「identity, body it.-curated by Takashi Azumaya-」(nca、2010)、あいちトリエンナーレ2013、「片山真理展 you’re mine」(TRAUMARIS、2014)などがある。

TEDx Talks