NEWS

  • 2014/11/01:TEDxYouth@Kobeのサイトを公開しました。

EVENT

TEDxYouth@Kobe2014 "Growing tree"とは

神戸は、政令指定都市で2番目に大学が多く、非常に多くの若者が集まる街である側面を持っています。これから社会に出る若者が日頃の枠を越えて交流することで、一人ひとりがより大きく成長して欲しいという想いから、今回のテーマを「Growing tree」としました。枠を越えた同世代の横の繋がり年輪、世代を越えた縦の繋がりを木の幹で表現し、今後この神戸というコミュニティが更なる飛躍を遂げて欲しいという想いを「Growing tree」に込めています。

イベント概要

テーマ:Growing tree
開催日: 2014年11月16日(日)
受付開始 12:30、セッション開始 13:00、アフターパーティ 18:00〜20:00(予定)
場所:Canadian Academy International school(神戸市東灘区向洋町中4-1)
参加費一般:6,000円(アフターパーティ含む)
参加費Young(高校生以下):4,000円(アフターパーティ含む、受付にて身分証明書提示)

参加申込とお問い合わせ

参加申込:TEDxYouth@Kobe参加申込
お問い合わせ:youth@tedxkobe.com

ABOUT

TEDとは

TEDとは、1984年から行われている「より良いアイデアを広めよう(Ideas worth spreading)」を理念とするTED Conferenceを主催する非営利団体です。TEDでは、技術・エンターテインメント・デザインなど様々な分野の人物が18分以内でプレゼンテーションを行います。またそのプレゼンテーションはTED.comを通じて全世界に配信されます。

TEDxとは

TEDx(テデックス)とは、TEDから正式にライセンスを受け、TED同様の体験を共有することを目的として世界各地で独自に運営されているプログラムです。「x」は独自に運営されていることを意味し、TEDの定めた運用ルールに沿いながら、各地方の独自色を出して運営されています。

2009年の開始以来、2014年5月までに全世界167カ国で通算10,000回以上ものTEDxイベントが実施されています。

TEDxKobeとは

神戸から独自の価値あるアイデアを発信し、世の中をより良く変えていきたいと願う有志によって結成され、2014年6月にTEDから正式にライセンス認定された非営利団体です。2013年6月にライセンス認定された「TEDxSannomiya」を前身としています。

TEDxYouth@Kobeとは

あなたが見ている世界はどんな世界ですか?私たちは皆それぞれ価値のあるアイデアを持っています。それはその人自身の興味や関心、これまでの経験によって異なり、そのために私たちは皆同じ世界に住みながら全く違う世界を見ているのです。あなたの頭の中に眠る価値あるアイデアを誰かと共有することで、日頃見えていなかった世界を覗いてみませんか。TEDxYouth@Kobeは、多くの若者が集まるここ神戸で、所属や分野など日頃の枠を越えた繋がりをより広げることを目的としたカンファレンスイベントです。スピーカーによるトークと、新たに出会う参加者たちとの交流がアイデアの化学反応をもたらします。

SPEAKER

Asami Shigemitsu 重光あさみ

1989 年生まれ。京都在住。京都精華大学デザイン学部卒業と同時に、クリエイティブユニット「Focha!」を結成。映像ディレクターとして活動を開始。カラフルでポップな色彩と、イラストを使った映像やデザインが特徴的。数々のアーティストのPV 監督、製作を担当。京都・神戸の美人時計の専属カメラマンを一年半勤めるなど、制作活動は多岐にわたる。また、京都の鴨川で毎月22日に巨大ショートケーキのオブジェを囲んでピクニックを行うグラニュートンピクニックを主催している。

Asami Shigemitsu (born in 1989) is a digital video director and an illustrator currently living in Kyoto. As soon as she graduated from the Faculty of Design Kyoto Seika University, she formed the creative unit “Focha” and started working as a digital video director. Images and designs that use vibrant and colorful illustrations are her signature. Shigemitsu's productions span a wide range of fields. She is in charge of directing and producing music videos for many artists, she has also worked as a photographer of Bijin-tokei Kyoto and Kobe for one year and a half. Shigemitsu is the organizer of Granewton, a group that holds picnic events surrounding a giant “short-cake” on the 22nd of every month at Kamogawa River, Kyoto starting from May 2012.

Eiki Matsubara 松原永季

一級建築士。平成7年の阪神・淡路大震災を神戸で経験し、それを機にまちづくり活動に取り組む。平成17年に有限会社スタヂオ・カタリストを設立。現在はNPO法人神戸まちづくり研究所の理事、兵庫県景観アドバイザー等を務め、「住民主体のまちづくり支援」の立場から、密集市街地の再生、小規模集落の再生、市民と行政の協働促進、景観・土地利用に関わるルールづくり、東北大震災の復興まちづくりなど、幅広く活動を展開している。

Eiki Matsubara is a first-class authorized architect. Having experienced the Great Hanshin-Awaji Earthquake in 1995, Matsubara devotes a great deal of effort to community building activities. He founded studio CATALYST Ltd. in 2005. Matsubara is the director of the NPO Kobe Machizukuri Kenkyusho and a scenery adviser of Hyogo Prefecture. He has been expanding the range of his activities. From the standpoint of supporting resident-led community development, he works on revitalizing densely-populated urban areas and small villages, promoting cooperation between residents and local authority, developing rules regarding the utilization of land and scenery, and reconstructing towns and communities affected by the Great East Japan Earthquake in 2011.

Hiromi Kishida 岸田ひろ実

知的障害のある長男の出産、夫の突然死を経験した後、自身も2008年に病気で倒れる。存命率20%という危機を乗り越え、一命は取り留めるものの、後遺症で下半身に麻痺が残り、以来車椅子での生活となる。現在は株式会社ミライロの講師として車椅子の方など障害のあるお客様や高齢者の方への接客研修を行うと同時に、日本ユニバーサルマナー協会の講師としても活動している。

Hiromi Kishida’s eldest son was born with intellectual disability. After the sudden death of her husband, in 2008, she herself was struck down with a serious disease whose survival rate was mere 20%. She was saved from death but the disease left her with a paralyzed lower body; afterwards, she started living life in a wheelchair. Kishida is currently a lecturer at Mirairo Ltd. She gives lectures on hospitality and customer relations to physically challenged people. She is also a lecturer at the Japan Universal Manner Association.

Mauro Iurato マウロ・イウラート

トリノのG・ヴェルディ国立音楽院を最優秀成績で卒業。1998年ウィーン国立音楽大学に入学し、多くの国立及び国際コンクールで優勝。2003年、同大学のプロジェクトにより来日後は、徳島文理大学音楽部准教授、また2005年よりアンサンブル神戸首席コンサートマスター、その他、大阪フィル、オーケストラ・アンサンブル金沢、兵庫芸術文化センター管弦楽団などに客員コンサートマスターとしてゲスト出演。神戸市にて「Harmonia Kobe -ハルモニア音楽アカデミー」(現在はヴァイオリン教室)を主宰。

Mauro Iurato graduated from the Turin Conservatory Giuseppe Verdi as one of the most outstanding students. In 1998, he was admitted into the University of Music and Performing Arts of Vienna. He has attended and won several national and international competitions. In 2003, Mauro Iurato came to Japan through a project of his university. He used to be an associate professor of the Faculty of Music, Tokushima Bunri University. Since 2005, he has been the first concertmaster of the Ensemble Kobe. He regularly performs as a guest concertmaster of the Osaka Philharmonic Orchestra, Orchestra Ensemble Kanazawa and the HPAC (Hyogo Performing Art Center) Symphony Orchestra. Mauro Iurato is the founder of “Harmonia Kobe”, an international violin school based in Kobe.

Megumi Kikukawa 菊川恵

香川県出身、21歳。 親元を離れて幼少期を過ごす。その後、家庭環境の変化を何度も繰り返しながら生活を送り、2012年兵庫県立大学に進学。20歳の秋、自身がアダルト・チルドレンだと自覚。身近な問題であるにも関わらず、克服する手段のハードルが高いことに違和感を覚え、活動を始める。Ashoka Japanユースベンチャラー認定。

Megumi Kikukawa (21) is from Kagawa Prefecture. She lived away from her parents during her early childhood. Afterwards, she has undergone changes in family environment several times. She started her studies at the University of Hyogo in 2012. In the autumn when Kikukawa was 20, it dawned on her that she was an adult child. Although it is her personal issue, Kikukawa still finds it’s hard for her to overcome, which drives her to start her social activities. Megumi Kikukawa is a social entrepreneur approved by Ashoka Japan.

Takashi Furusho 古荘貴司

2005年、京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修士課程修了。大学院在学中に農作物の流通事業に携わり、そこで接した問題を解決したいと考え、修士課程修了後に株式会社日本情報化農業研究所設立、代表取締役就任。多くの生産者が無農薬栽培は不可能だという中、実際に農薬を使用せずに安定した栽培を行っている生産者もいるという事実に対して興味を持ち、また限られた投資額で収益をあげるための必要性から、農薬・化学肥料を使用しない栽培技術の研究を開始。現在は自社農場の設立、拡大を計画中。同時に農業向けに開発した各種のITツールの異業種向けの提供も行っている。

Takashi Furusho graduated from the Department of Systems Science, Graduate School of Informatics, Kyoto University in 2005. When in graduate school, he involved in agricultural products distribution systems in which he found several problems. Seeking for solutions, after finishing master course, he established the Nippon Institute of Agroinformatics Ltd. and now works as its representative director.Furusho particularly conducts studies on cultivation technology which uses no pesticides and fertilizer. Currently, he is working on the expansion of his company's farm and making IT tools which are initially agriculture-oriented accessible for other types of business.

Takayuki Urata 浦田高幸

平日は会社員としてサラリーマンをしながら、休日は2本のロープを使うダブルダッチパフォーマー。ダブルダッチパフォーマンスチーム Fat man Crewに所属し、大阪府ダブルダッチ協会の理事も務めている。全国各地の商業施設やお祭り・パーティー等でのダブルダッチパフォーマンスショーから小学校や大学生・社会人までダブルダッチの指導やワークショップ、各種プロモーションやメディアなどを様々な場面で活動中。WORLD JUMP ROPE 2014 Championshipで総合優勝。その他、多数の優勝・受賞歴あり。

Takayuki Urata is an office worker on weekdays and a Double Dutch performer on weekends. He is a member of Fat man Crew, a Double Dutch performance team and the Director of Osaka Double Dutch Association. Urata performs at various parties, festivals and events at shopping centers nationwide. He also conducts Double Dutch related workshops and works as an instructor for children and adults. As an active Double Dutch performer, Urata appears in the media and attends promotion events frequently. He is the Grand Winner of the WORLD JUMP ROPE 2014 Championship. He has participated in and won several competitions.

PARTNER

CORE PARTNER

LOGO PARTNER

INKIND PARTNER